トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

東芝、半導体子会社売却 9700億円の利益

 東芝は1日、半導体子会社「東芝メモリ」の全株式を、米ファンドのベインキャピタルを中心とした「日米韓連合」に2兆円で売却した。2019年3月期連結決算で約9700億円の売却益を計上する。15年に発覚した不正会計や、その後の米原発事業の巨額損失に伴う経営問題に区切りを付け、再生に踏み出す。

 ただ、稼ぎ頭の半導体を手放したことにより、インフラなどの既存事業の収益力強化が課題となる。

 日米韓連合でつくる買収会社に対しては約3500億円を再出資し、40・2%の株を保有した。光学機器大手HOYAと共に議決権の50・1%を握る。筆頭株主はベイン側となる。

(共同)

 東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の四日市工場=三重県四日市市

 東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の四日市工場=三重県四日市市

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索