トップ > スポーツ > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

スポーツ

日大の内田前監督が常務理事辞任 悪質反則問題で第三者委設置

 日本大は1日、アメリカンフットボール部の悪質反則問題で監督を退いた内田正人氏が大学の常務理事の役職を5月30日付で辞任したと発表した。学内外に多大な迷惑を掛けたことが理由で本人が申し出て、1日に理事会が承認した。職員としては大学に残り、内規に基づいて6カ月の自宅待機となった。この問題の真相を究明するため、日大は第三者委員会を5月31日付で設置したことも発表した。7月下旬に結果報告する予定。

 日大の大塚吉兵衛学長らは理事会後に文部科学省を訪れ、同省やスポーツ庁の担当者と面会後、5月28日に警察から内田氏と井上奨前コーチの身分照会があったと明らかにした。

(共同)

 日本大アメリカンフットボール部の内田正人前監督

 日本大アメリカンフットボール部の内田正人前監督

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索