トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

国際

南北が板門店で閣僚級会談 北朝鮮側、宣言記念行事を提案

 【ソウル共同】韓国と北朝鮮は1日、閣僚級会談を板門店の韓国側施設「平和の家」で開いた。4月27日の南北首脳会談で発表した「板門店宣言」の履行に向けた具体策が主要議題。韓国統一省当局者によると、北朝鮮側は2000年の第1回南北首脳会談で共同宣言が出された6月15日を記念する共同行事を韓国側で開くことを提案した。

 午前の会議では分野別の協議日程などについて双方が意見交換し、大きな意見の違いはなかった。会議は午後も続行する。

 閣僚級会談は当初5月16日に開催予定だったが、北朝鮮が米韓共同訓練を理由に無期延期を通告。同月26日の南北首脳会談で再設定された。

 板門店での閣僚級会談で握手する北朝鮮の李善権・祖国平和統一委員長(左)と韓国の趙明均統一相=1日(韓国取材団・共同)

 板門店での閣僚級会談で握手する北朝鮮の李善権・祖国平和統一委員長(左)と韓国の趙明均統一相=1日(韓国取材団・共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索