トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

国際

非核化意志不変と金正恩氏 段階解決も言及、ロ外相に

 【ソウル共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は5月31日、訪朝したロシアのラブロフ外相との会談で「朝鮮半島の非核化に向けた私たちの意志に変化はなく、一貫して強固だ」と述べた。非核化の「段階的な解決」にも言及、改めて従来の主張を繰り返した形となった。両者は年内に首脳の会談を実現させることでも合意した。朝鮮中央通信が1日、報じた。

 金氏は米朝関係や非核化について「関係者の利害を満たす解決方法を模索しながら段階的に解決していく」とした上で「効率的で建設的な対話により、問題解決が進展することを願う」と述べた。

 5月31日、ロシアのラブロフ外相(右)と握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(タス=共同)

 5月31日、ロシアのラブロフ外相(右)と握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(タス=共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索