トップ > 政治 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

政治

昭恵氏「関与」巡り首相と応酬 1年半ぶりに党首討論

 安倍晋三首相と立憲民主党の枝野幸男代表ら野党4党首が30日、今国会初で1年半ぶりとなる党首討論を行った。首相は学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る昭恵首相夫人の関与を改めて否定し「問題の本質でない」と指摘。枝野氏は首相夫人付職員が財務省に優遇制度の照会をしたことに触れ「昭恵氏が影響力を行使した」と追及した。首相は「制度的な問い合わせは私個人の事務所に回した方が良かったかもしれない」とも述べた。両氏は加計学園問題でも応酬を繰り広げた。

 首相は昨年2月の国会答弁で森友学園問題に「私や妻、事務所が関わっていれば、首相も国会議員も辞める」と明言している。

(共同)

 1年半ぶりとなる党首討論で、立憲民主党の枝野代表(中央左)の質問に答える安倍首相=30日午後、国会

 1年半ぶりとなる党首討論で、立憲民主党の枝野代表(中央左)の質問に答える安倍首相=30日午後、国会

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索