トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

東証反発、終値121円超高 今年最小幅の値動きに

 17日の東京株式市場は最近の円安傾向が企業業績の拡大期待を高め、日経平均株価(225種)は反発した。終値は前日比121円14銭高の2万2838円37銭だった。

 取引時間中の高値と安値の差は87円87銭にとどまり、今年最小幅の値動きとなった。2〜3月には乱高下した株式相場が、安定感を取り戻していることを示した。

 幅広い業種の銘柄に買い注文が入り、東証1部全体の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は8・02ポイント高の1808・37で、約3カ月半ぶりの高値を付けた。出来高は約14億7300万株。

 円相場は1ドル=110円台の円安水準が定着しつつある。

(共同)

 日経平均株価の動き

 日経平均株価の動き

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索