トップ > スポーツ > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

スポーツ

マリナーズのカノが出場停止 禁止薬物に陽性反応

 【シアトル共同】米大リーグ機構は15日、マリナーズのロビンソン・カノ内野手(35)が禁止薬物の利尿剤フロセミドに陽性反応を示したとして、80試合の出場停止処分を科したと発表した。本人は処分を受け入れた。

 試合が順調に消化されれば、8月14日のアスレチックス戦から出場が可能となる。

 今季は39試合に出場し、打率2割8分7厘、4本塁打、23打点。13日の試合で右手を骨折し、10日間の故障者リストに入っていた。

 ロビンソン・カノ内野手の出場停止処分を受け、記者会見するマリナーズのディポトGM=15日、シアトル(共同)

 ロビンソン・カノ内野手の出場停止処分を受け、記者会見するマリナーズのディポトGM=15日、シアトル(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索