トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

凶器は被害者宅のコード 鈴鹿男性殺害、突発的な犯行か

 三重県鈴鹿市稲生塩屋一の自宅駐車場に止めた軽ワゴン車から電気の延長コードが首に巻き付いた状態で解体作業員、横山麗輝(よしき)さん(25)の遺体が見つかった事件で、延長コードは、横山さん宅にあったとみられることが捜査関係者への取材で分かった。現場の状況から横山さんは自宅で殺害されたとみられ、県警は、室内にあった延長コードを使った突発的な犯行とみている。

 捜査関係者によると、延長コードは家庭用で長さは1メートルほど。自宅内には家具の位置がずれて、物が落ちて争ったような場所があり、その付近で少量の血痕が見つかっている。県警は、犯人が自宅内で延長コードで首を絞めるなどして横山さんを殺害後、車に運んだとみている。

 県警によると、横山さんは妻(45)と2人暮らし。横山さんは13日午前5時55分ごろ、駐車場に止めた車の後部座席にもたれかかり、首に延長コードが巻かれた状態で発見された。Tシャツにスエットのズボンをはき、素足でそばにサンダルが置いてあった。

 妻は県警に「夫は13日未明ごろに(妻が経営する)飲食店に立ち寄った。店を出た後に電話をしていたが、連絡がつかなくなった」と説明している。自宅は無施錠で玄関で横山さんの携帯電話が見つかり、車内には現金が入った横山さんの財布が置かれていた。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索