トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

トヨタ役員賞与、6人で12億円 最高益で過去最高水準に

 トヨタ自動車は14日、取締役6人に対する2018年3月期の役員賞与(ボーナス)の総額を、前期より30・5%増の12億2400万円にすることを明らかにした。6月14日に開く株主総会の招集通知に報告事項として記載した。

 1人当たりの平均賞与額は74・0%増の2億400万円で過去最高水準。支給対象の取締役が前期より2人減り、連結純利益が2年ぶりに過去最高を更新したことを反映した。トヨタは賞与水準を業績に連動させている。

 退任者3人と社外取締役3人を含む取締役12人に対する役員報酬は7・2%減の6億9200万円。役員報酬と賞与を合わせた総額は13・8%増の19億1700万円だった。

 役員報酬と賞与は株主総会の決議事項だったが、トヨタは昨年の株主総会で、支給総額が年間40億円以下ならば取締役会で決定できるように変更した。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索