トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

鈴鹿・車内男性死は殺人事件 首に抵抗の傷も

 13日午前5時55分ごろ、三重県鈴鹿市稲生塩屋1の民家の駐車場に止めてあった軽ワゴン車内で、この家に住む解体作業員横山麗輝さん(25)が首に電気の延長コードが巻かれた状態で死亡しているのが見つかった。司法解剖の結果、横山さんの死因は頸部圧迫による窒息死と判明。県警は殺人事件と断定し、鈴鹿署に捜査本部を設置した。

 署によると、横山さんは運転席後ろの席であおむけに倒れていた。捜査関係者によると、首には抵抗した際についたとみられるひっかき傷があり、県警は何者かがコードで横山さんの首を絞めたとみている。死亡時刻は13日の明け方ごろだった。

 車は横山さんの所有で、発見時はキーがついたままでエンジンはかかっておらず、ドアは施錠されていなかった。車内に横山さんの財布があった。

 県警によると、横山さんは妻(45)と2人暮らし。妻は県警に対し「夫は未明まで(妻が経営する)飲食店にいた。店を出た後に断続的に電話をしたが、連絡がつかなくなった」と説明したとみられる。妻からの連絡を受け、横山さん宅を訪れた妻の前夫との息子(25)が、車内で横山さんを発見し110番した。

 横山さん宅では14日午前、県警の捜査員15人ほどが現場検証を行い、遺体で見つかった軽ワゴン車周辺や自宅の玄関を調べた。

 自治会費の集金などで横山さんと面識があった近所の男性は「若くてやんちゃな感じはしたが、あいさつはしっかりする人。まさかこんなことが起きるとは」と驚いていた。仕事で付き合いがあった市内の解体業者の従業員女性は「まじめな好青年という印象。仕事上でのトラブルは聞いたことがない」と話した。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索