トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

信楽高原鉄道事故27年で追悼法要 

 42人が死亡した信楽高原鉄道(SKR)とJR西日本の列車衝突事故から27年を迎えた14日、滋賀県甲賀市信楽町の事故現場近くの慰霊碑前で、両社主催の追悼法要が営まれた。遺族3人をはじめ、両社や市、県などから計約80人が参列した。

 黙とうの後、遺族やJR西日本の来島達夫社長らが献花。発生時刻に近い午前10時38分、読経の中でSKRの列車が警笛を鳴らして通過した。

 SKRの正木仙治郎社長(甲賀市副市長)は「二度と事故は起こさないという取り組みこそが、ご遺族に報いる唯一の道だと全社員が胸に刻み、安全確保の徹底に努めていきたい」とあいさつした。

 事故は1991年5月14日、旧信楽町でSKRの列車とJR西の臨時列車が単線上で正面衝突。42人が死亡、600人以上が重軽傷を負った。

 遺族は年々高齢化している。事故で妻=当時(53)=を亡くし、昨年まで代表して再発防止を訴え続けた兵庫県宝塚市の吉崎俊三さんは今月2日、84歳で亡くなった。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索