トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

国際

米大使館がエルサレム移転 ガザでは衝突、50人超死亡

 【エルサレム共同】トランプ米政権はイスラエル建国70年の14日、商都テルアビブの米大使館を、イスラエルの首都と正式認定したエルサレムに移転した。パレスチナ自治区ガザでは抗議デモがあり、ガザ保健当局によるとイスラエル軍の銃撃などでパレスチナ人52人が死亡、約2400人が負傷した。2014年のガザ大規模戦闘以降で最悪の死者数。軍によるとガザのデモ参加者は4万人を超えた。

 移転は歴代米政権の中東政策からの抜本的転換。東エルサレムを将来の独立国家の首都と位置付けるパレスチナは猛反発し、和平交渉の再開は絶望的だ。

 イスラエル境界付近で、狙撃兵の視界を遮るためタイヤを焼いて黒煙を上げるデモ隊=14日、パレスチナ自治区ガザ東部(共同)

 イスラエル境界付近で、狙撃兵の視界を遮るためタイヤを焼いて黒煙を上げるデモ隊=14日、パレスチナ自治区ガザ東部(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索