トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

偽「BOSE」ヘッドホンをネット販売容疑 愛知県警、48歳女逮捕

 音響機器メーカー「BOSE」(ボーズ)の最新型ヘッドホンの偽物を販売したとして、愛知県警は10日、商標法違反の疑いで、宇都宮市の無職豊田茉莉(まり)容疑者(48)を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、インターネットのオークションで、ボーズのワイヤレスヘッドホンの偽物を複数個、販売した疑いが持たれている。偽物を中国から輸入し、正規品の半値ほどの約1万円で、昨年9月ごろから販売していたとみられる。

 ボーズは米国に本社があり、高音質のスピーカーなどで知られる。近距離無線通信「ブルートゥース」を使ったワイヤレスヘッドホンなどは、スマートフォンに収録した音楽を手軽に聴けるため、若者らから人気を集めている。

 財務省によると、2017年の全国の税関による偽ブランド品などの輸入差し止めは3万627件で、統計を取り始めた1987年以来の高水準。特にヘッドホンを含む電気製品が前年の約6倍の11万点余りに増加した。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索