トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

職質の警察官に暴行、名古屋と大府の男逮捕 公務執行妨害容疑

 愛知県大府市で3月、職務質問を受けた警察官に暴行したとして、県警は10日、公務執行妨害の疑いで名古屋市中川区春田3、無職大西清(58)、大府市共栄町6、無職佐藤友彦(49)の両容疑者を逮捕したと発表した。県警によると、現場にはもう1人の警察官がいたが、容疑者の身柄を確保せず、帰らせていた。県警は、対応の経緯も調べる。

 逮捕容疑は3月3日午前1時15分ごろ、大府市の路上で佐藤容疑者に職務質問していた男性巡査長(29)に、大西容疑者が体当たりして顔を殴り、1週間のけがをさせたとされる。県警は、佐藤容疑者を軽乗用車に乗せ、現場から逃走を手助けした犯人隠避の疑いで、大西容疑者と同居の成幸子容疑者(41)も逮捕した。大西容疑者は容疑を認めている。佐藤容疑者は「大西容疑者が勝手にやったことで納得できない」、成容疑者は「隠避したつもりはない」と否認している。

 当時、巡査長は警部補(54)とともに交通違反の取り締まりにあたり、信号無視をした軽乗用車を捜索中、佐藤容疑者に職務質問していた。突然現れた大西容疑者に巡査長が暴行を受けたが、警部補らは佐藤容疑者との関係がわからず、「酔っぱらいが絡んできた」と判断し、取り調べせずに現場から帰したという。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索