トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

模型の祭典・静岡ホビーショー開幕 ガンプラ新作など公開

 国内の玩具メーカーや業界団体がプラモデルなどの新製品を出品する国内最大級の模型見本市「第57回静岡ホビーショー」が10日、静岡市駿河区の展示施設で開幕した。約80社が新製品を出展。11日まではバイヤー限定で、12、13両日は一般にも公開される。

 玩具メーカー「バンダイスピリッツ」(東京都台東区)は人気アニメ「機動戦士ガンダム」の新作プラモデルのほか、猫のフィギュアに武器パーツを装着する「ねこぶそう」などを展示。同社の清宮僚太さん(36)は「模型に親しんできた人だけでなく、猫好きの人などさまざまな層にも楽しんでほしい」と話した。

 主催団体の静岡模型教材協同組合によると、近年ホビーショーを訪れるのは40代以上の人が多く、各社は子どもを対象にした企画を展開するなど購買層の拡大に努めている。

 栃木県壬生町の玩具メーカー「トミーテック」の内田浩司さん(50)は「インターネットで何でも情報が手に入る時代だが、実物を見ることで質感や迫力を知ることも重要だ」と熱心に新製品をチェックしていた。

(共同)

「第57回静岡ホビーショー」で展示された「ねこぶそう」のコーナー=10日午前、静岡市

「第57回静岡ホビーショー」で展示された「ねこぶそう」のコーナー=10日午前、静岡市

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索