トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

トヨタ、減収減益へ 19年3月期予想、円高や北米減速で

 トヨタ自動車は9日、2019年3月期(19年3月までの1年間)の連結決算が、減収減益となる見通しだと発表した。円高の進行などを踏まえた。同時に発表した18年3月期の税引き後の連結純利益は、米国の法人減税に伴う一時的な押し上げ効果もあり、前期比36・2%増の2兆4939億円と過去最高を更新し、日本企業としても史上最高益だった。

 19年3月期は、売上高が前期比1・3%減の29兆円、純利益は15・0%減の2兆1200億円を見込む。本業のもうけを示す営業利益は4・2%減の2兆3千億円。為替の想定レートを1ドル=105円と、前期実績より6円円高に見積もった。

 ダイハツ工業と日野自動車を含めたグループの世界販売台数は、5・9万台増の1050万台を予想する。

 18年3月期の連結売上高は6・5%増の29兆3795億円で、2年ぶりに増収増益へ転じた。営業利益は20・3%増の2兆3998億円。グループの世界販売台数は19万台増の1044万台だった。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索