トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

北陸新幹線延伸で7商議所が要求 「自治体はリーダーシップを」

 大阪や金沢など7商工会議所は9日、大阪市で「北陸・関西連携会議」の第6回会合を開いた。北陸新幹線の早期全線開業に向け、京都府と大阪府の沿線自治体がリーダーシップを発揮し、活動を強化するよう求める共同アピールを決議した。

 国が想定する全線開業時期は2046年となっているが、アピールでは30年度への前倒しをフル規格で進めるよう要求。延伸する敦賀(福井県)―新大阪間の沿線自治体や経済団体の連携強化に加え、財源の確保や環境影響評価(アセスメント)手続きを急ぐ必要があると訴えた。

 7商工会議所が集まった「北陸・関西連携会議」の第6回会合=9日、大阪市

 7商工会議所が集まった「北陸・関西連携会議」の第6回会合=9日、大阪市

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索