トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

新天守、エレベーターなし 名古屋城、忠実復元の方針

 名古屋城の木造天守復元事業を進める名古屋市は史実に忠実な復元を目指し、木造天守にエレベーターを設置しない方針を固めた。一方で、エレベーター以外で高齢者や障害者が昇降できる新技術を活用するなどして「バリアフリー化」することも目指す。

 市は昨年11月、江戸時代に築城され、戦時中に空襲で焼失した木造天守を忠実に再現するため、エレベーターを設置しない案を示したが、障害者団体などが反発。障害者や有識者からの聞き取りをしたほか、庁内のプロジェクトチームでも議論してきた。

 その結果、(1)エレベーターを設置しない(2)11人乗りを城の外部の地上から1階に設置する(2)柱や梁(はり)を傷めない4人乗りを内部の地下1階から3階に設置する−の3案に絞った。

 その後、庁内で検討を重ね、外部設置案は景観を損なう恐れがあり、内部設置案も4人乗りは幅80センチ、奥行き100センチと小さく、電動車いすは利用できないことから、「エレベーターを設置しない」のが妥当と結論付けた。

 その代わり、今後、エレベーター以外で昇降できるロボットなど新技術開発の提案を国内外から募る考えだ。

 河村たかし市長は、史実に忠実な復元のためエレベーターを設置しないことにこだわってきた。7日から入場禁止となった現在の天守は外部に地上から1階の11人乗り1基、内部に地下1階から5階の23人乗り2基のエレベーターが設置されている。5階から展望室がある最上階の7階までは階段しかない。

 市の計画では、2019年9月から現天守を解体し、20年6月に木造天守復元に着工、22年12月に完成予定。総事業費は最大505億円。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索