トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

新潟の女児は窒息死、殺人と断定 小2、線路に遺棄か

 新潟市西区のJR越後線の線路で女児の遺体が見つかった事件で、新潟県警は8日、女児の身元を同市の小学2年生(7)と明らかにした。司法解剖の結果、死因は窒息と判明。県警は、首を絞められた疑いがあるとみて殺人、死体遺棄事件として新潟西署に捜査本部を設置した。

 捜査本部などによると、女児は7日午後10時半ごろ、新発田発内野行き上り普通列車にひかれ、死亡しているのが見つかった。列車の運転士は「人が線路に横たわっているのが見えてブレーキをかけた」と説明した。現場は単線で、約10分前に下り列車が通った際は、異変はなかったという。

(共同)

 小2女児の遺体が見つかった現場近くに張られた規制線=8日午後、新潟市西区

 小2女児の遺体が見つかった現場近くに張られた規制線=8日午後、新潟市西区

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索