トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

不妊手術の実施増を国が要請 「予算未達」と都道府県に通知

 旧優生保護法(1948〜96年)下で障害者らに不妊手術が繰り返された問題で、旧厚生省が57年、予算上の目標に届いていないとして、各都道府県に手術の実施件数を増やすよう求める通知を出していたことが5日、分かった。独自に目標件数を掲げるなどしていた道府県もあり、国や自治体を挙げて不妊手術を推し進めていた姿勢が改めて浮き彫りになった。

 通知は57年4月、厚生省公衆衛生局精神衛生課長が各都道府県の担当者に宛てたもの。優生手術の実施件数は年々増加していると前置きしつつも「予算上の件数を下回っている」と懸念を示している。

(共同)

 旧厚生省が不妊手術の実施件数増加を求めた通知(京都府立京都学・歴彩館所蔵)

 旧厚生省が不妊手術の実施件数増加を求めた通知(京都府立京都学・歴彩館所蔵)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索