トップ > スポーツ > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

スポーツ

世界卓球、男子は準々決勝敗退 6大会ぶりメダル逃す

 【ハルムスタード(スウェーデン)共同】卓球の世界選手権団体戦第6日は4日、スウェーデンのハルムスタードで行われ、男子準々決勝で日本は韓国に1―3で敗れ、6大会ぶりにメダル獲得を逃した。

 日本は第1試合を張本智和(エリートアカデミー)が2―3で落としたが、第2試合は水谷隼(木下グループ)が3―2で競り勝った。だが、松平健太(木下グループ)が1―3で敗れると、第4試合は水谷がストレート負けした。

 スウェーデンがイングランドに3―0、ドイツはブラジルに3―1で勝ち、それぞれ4強入りした。

 男子準々決勝 韓国戦の第1試合で敗れた張本智和=ハルムスタード(共同)

 男子準々決勝 韓国戦の第1試合で敗れた張本智和=ハルムスタード(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索