トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

憲法施行71年、各地で集会 問われる9条、平和の形

 日本国憲法施行から71年となった憲法記念日の3日、各地で集会が開かれた。安倍晋三首相(自民党総裁)は憲法改正を訴える会合にビデオメッセージを寄せ、9条に自衛隊を明記する必要性を強調、改めて改憲への意欲を示した。護憲派は「世界に誇る9条を守り抜く」と阻止を誓った。戦争放棄、戦力不保持を定めた9条をどう考えるのかは改憲論議の最大の焦点。自衛隊明記で国の安全が高まるのか、平和主義が揺らぐのか、平和の形が問われている。

 首相は、自衛隊明記に関し「(自衛隊の)正当性が明確化される。改憲の十分な理由になる」と主張した。

(共同)

 東京都江東区で開かれた護憲派の集会で、プラカードを掲げる参加者=3日午後

 東京都江東区で開かれた護憲派の集会で、プラカードを掲げる参加者=3日午後

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索