トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

男性遺体は殺人と断定 小諸のアパート

 長野県小諸市滋野甲にあるアパートの部屋で男性の遺体が見つかった事件で、県警は2日、司法解剖の結果、死因は胸などを刺されたことによる失血死だったと発表した。県警は殺人事件と断定し、小諸署に100人体制の捜査本部を設置して身元の確認を進めている。

 捜査本部によると、男性は30代から40代とみられ、身長175センチ、中肉。服の上から刃物で刺されたり、切られたりしたとみられる複数の傷が胸などにあり、死後数日とみられる。身元の特定につながる所持品は見つかっていない。

 事件は4月29日午後8時35分ごろ、2階建てアパートの1階で成人男性が倒れているのが見つかった。この部屋に住む男性と数日前から連絡が取れないのを不審に思った知人の男女2人が発見した。

 アパート関係者によると、1〜2年前ほど前から外国人が部屋を借り、複数人で住んでいたという。

 捜査本部はフリーダイヤル=(0120)216110=を設置し、情報提供を呼び掛けている。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索