トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

竹本住太夫さんに最後の別れ 600人が葬儀に参列

 4月28日に93歳で亡くなった人形浄瑠璃文楽の太夫で人間国宝、文化勲章受章者の竹本住太夫さんの葬儀・告別式が1日、大阪市阿倍野区の葬祭場で営まれた。親交が深かった歌舞伎俳優坂田藤十郎さん(86)や文楽関係者、ファンら計約600人が参列し、浄瑠璃を愛した重鎮との最後の別れを惜しんだ。

 文楽協会理事長の尾崎裕・大阪商工会議所会頭は弔辞で「文楽の歴史に大きな足跡を残された。どうぞ安らかにお休みください」と、文楽界で初めて文化勲章を受章した住太夫さんの遺影に語り掛けた。

 出棺の際、住太夫さんが生前に語った浄瑠璃が流れ、参列者は手を合わせて見送った。

(共同)

 大阪市の葬祭場で営まれた竹本住太夫さんの葬儀・告別式=1日午後

 大阪市の葬祭場で営まれた竹本住太夫さんの葬儀・告別式=1日午後

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索