トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

京都大、立て看板撤去を通告 歴史景観に配慮、学内に限定

 京都市から景観に関する条例に違反するとして指導を受けていた京都大の名物、立て看板について、京大は1日、設置をキャンパス内に限定する「京都大学立看板規程」を施行し、公道に面した看板の撤去を求める通告書を張った。

 通告書は「直ちに撤去するか、指定場所に設置してください。そのままになっている場合は、大学が撤去します」と記載。一部の学生は、大学側による通告書の張り付けに抵抗し、一時もみ合いになった。

 市は2007年、歴史的景観の保全を目的とした新景観政策の制定を機に、違法な屋外広告物への指導を強化し、12年以降は京大に対しても口頭で繰り返し是正を要求した。

(共同)

 公道に面した立て看板撤去を求める通告書を張る京都大の関係者=1日午前、京都市

 公道に面した立て看板撤去を求める通告書を張る京都大の関係者=1日午前、京都市

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索