トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

広島市長、NPT準備委出席へ 「核軍縮の義務訴えたい」

 広島市の松井一実市長は17日の記者会見で、スイス・ジュネーブの国連欧州本部で23日に始まる核拡散防止条約(NPT)再検討会議の第2回準備委員会に出席すると発表した。「委員会のスピーチで、核軍縮の義務を果たすこと、その延長線上に核兵器禁止条約があると訴えたい」と話した。

 現地では、核保有国や非核保有国の代表者と個別に面会し、核廃絶を求める広島の思いを伝える。昨年のノーベル平和賞を受賞した非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のメンバーとも交流する予定。準備委には長崎市の田上富久市長も出席する。

(共同)

 記者会見する広島市の松井一実市長=17日午前、広島市役所

 記者会見する広島市の松井一実市長=17日午前、広島市役所

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索