トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

ハンドボール強豪校で体罰 下呂の益田清風高

 岐阜県立益田清風高校(下呂市)の女子ハンドボール部で2014年、コーチを務めていた非常勤講師の60代の男性が部員3人を蹴る体罰を加えていたことが、県教委への取材で分かった。男性が発覚直後に退職したため県教委は処分せず、事実関係も公表しなかった。

 県教委によると、男性は14年5月、練習中に体罰を加えたのを他の教職員に目撃された。うち1人は太ももにけがをしたという。男性は教員として女子ハンド部の顧問を務め、12年に定年退職後、非常勤講師として指導を続けていた。

 発覚後、学校は部員の保護者向けに説明会を開き、男性は14年5月末に依願退職した。だが、県教委には退職後も校外の練習場で指導を続け、体罰を行ったとの情報が寄せられており、「事実関係を調べた上で対処をしたい」としている。

 益田清風高は05年に2つの県立高が統合して設立。男性は統合前の高校でも女子ハンド部を指導し、00年の全国高校総体で8強入りに導いた。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索