トップ > スポーツ > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

スポーツ

小平が銀メダル、高木は銅 スピード女子1000メートル

 【平昌共同】平昌冬季五輪第6日の14日、スピードスケート女子1000メートルで世界記録保持者の小平奈緒(31)=長野県出身、相沢病院=が銀メダルに輝いた。1500メートルで2位の高木美帆(23)=日体大助手=は3位に入り、今大会2個目のメダルを獲得した。

 スピードスケートの日本選手が同一大会で複数メダルを獲得するのは1998年長野五輪の男子500メートルで金、1000メートルで銅メダルの清水宏保以来、2人目。同一種目で日本勢が複数メダルを獲得するのは2010年バンクーバー五輪の男子500メートル以来で3度目。

 小平はバンクーバー五輪の団体追い抜きで銀メダルに輝いたが、個人種目では初のメダルとなった。高木美には団体追い抜きでの金メダルが期待される。

平昌冬季五輪のスピードスケート女子1000メートルで銀メダルを獲得し、日の丸を掲げて歓声に応える小平奈緒=14日、韓国・江陵(共同)

平昌冬季五輪のスピードスケート女子1000メートルで銀メダルを獲得し、日の丸を掲げて歓声に応える小平奈緒=14日、韓国・江陵(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索