トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

ダノン、ヤクルト株を一部売却へ 提携解消5年で区切り

 ヤクルト本社は14日、議決権の2割超を握るフランス食品・飲料大手ダノンが、保有するヤクルト株の一部を3月に売却すると発表した。筆頭株主の座は維持する。ダノンは株の買い増しを一時目指したが、経営の独立性を望むヤクルト側と折り合わなかった。両社は2013年に戦略提携契約を解消しており、約5年で出資比率を巡る交渉にも区切りが付く。

 ダノンは最大2460万株を売る計画で、14日終値に基づくと売却額は2千億円弱となる。ヤクルトは自社株買いを通じて株式総数を減らすため、ダノンの議決権ベースの出資比率は現在の21・52%から最終的に約7%へ下がる見通し。

(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索