トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

春闘、ベア前年実績の維持焦点 「簡単な交渉にならない」

 2018年春闘は14日、相場形成に影響力を持つ自動車大手労組が要求書を経営側に提出し、交渉が本格的にスタートした。電機大手労組も15日までに提出する。技術開発や販売を巡る競争が激しくなっており、賃金水準全体を底上げするベースアップ(ベア)は17年に妥結した実績の千〜1500円程度を維持できるかが焦点となる。

 自動車総連の高倉明会長は都内で開いた記者会見で「業界は100年に一度の変革期。簡単な交渉にはならない」と語った。全トヨタ労働組合連合会の山口健事務局長は愛知県豊田市で会見し「人手不足が深刻化し経営側は人への投資にも一定の理解はある」と期待感を示した。

(共同)

 記者会見する自動車総連の高倉明会長=14日午後、東京都内

 記者会見する自動車総連の高倉明会長=14日午後、東京都内

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索