トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

埴輪の複製品壊される 志段味大塚古墳に展示の30本

 名古屋市教委は13日、同市守山区の国史跡「志段味大塚古墳」に展示されている埴輪の複製品30本(615万円相当)が壊され、守山署に被害届を出したと発表した。同署は器物損壊容疑で調べている。

 市教委によると、10日午前9時45分ごろ、見学者が壊されているのを発見した。被害品は高さ33〜85センチ。埴輪の複製品は出土品などを基に昨年4月に復元され、墳丘上に約500本が置かれていた。前日午後には異変がなかったという。

 市教委の担当者は「硬く焼き上げており、手でたたいて壊れるとは思えない」と話しており、硬いもので壊された可能性がある。

 同古墳は2014年、周辺古墳とともに国史跡に指定された。いつでも自由に出入りできる。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索