トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

米原市職員と業者に猶予判決 官製談合事件で地裁

 滋賀県米原市発注の認定こども園関連工事を巡る官製談合事件で、大津地裁は13日、入札情報を漏らしたとして官製談合防止法違反などの罪に問われた市保育幼稚園課主査森篤志被告(39)に懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。

 落札業者で公契約関係競売入札妨害の罪に問われた米原市の建設会社「中長工務店」を経営していた中嶋孝晴被告(70)、元従業員で長男の長生被告(40)にはそれぞれ、懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)を言い渡した。

 判決によると、森被告は2016年11月、市立いぶき認定こども園の調理場拡張工事の入札を巡り、最低制限価格を算出する基準額を長生被告に携帯電話で漏らした。中長工務店はその情報をもとに、最低制限価格に近い金額で落札した。落札額は最低制限価格を2千円上回る1955万五千円。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索