トップ > スポーツ > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

スポーツ

高梨沙羅、念願のメダル 五輪ジャンプの日本勢12個目

 【平昌共同】平昌冬季五輪第4日の12日、ノルディックスキー・ジャンプ女子で日本のエース、高梨沙羅(21)=クラレ=が、念願の銅メダルを手にした。

 ジャンプ勢は2014年ソチ五輪の男子ラージヒルで葛西紀明(45)=土屋ホーム=が2位、団体が3位になっており、2大会連続の表彰台。女子では初のメダルで、通算12個目となった。

 ジャンプ女子が初採用されたソチ五輪に17歳で出場した高梨は、絶対的な優勝候補だったが力を発揮できずに4位に終わった。悔しさをばねに成長し、ワールドカップ(W杯)でジャンプの男女を通じて歴代最多に並ぶ通算53勝に到達した。

 高梨沙羅の1回目の飛躍=平昌(共同)

 高梨沙羅の1回目の飛躍=平昌(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索