トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

父を海に遺棄疑い、31歳次男逮捕 豊橋、16年不明

 愛知県豊橋市牟呂町西明治沖坪、不動産業小林生治さん=当時(63)=が2016年10月、突然行方不明となり、何らかの事件に巻き込まれた可能性が高まったとして、豊橋署と三河海上保安署の合同捜査本部は10日、生治さんの遺体を海に捨てた死体遺棄の疑いで、次男の同市牟呂公文町、農業小林大介容疑者(31)を逮捕した。

 捜査本部によると、大介容疑者は黙秘しており、今後、家族内のトラブルを含め生治さんが死亡した経緯についても事情を聴く。

 逮捕容疑では、大介容疑者は16年10月24日ごろ、生治さんの遺体を自宅から約12キロ離れた同県田原市の姫島北方の三河湾の海中に捨てたとされる。

 捜査本部によると、生治さんは同月22日夜、自宅で同居の妻が姿を見たのを最後に行方が分からなくなった。長男と大介容疑者はそれぞれ別居しており、妻と長男が同月31日、警察に捜索願を出した。

 捜査関係者によると、大介容疑者は当初、愛知県警の任意の調べに対し「(父親の)遺体を海に捨てた」という趣旨の供述をしていた。自分のゴムボートで遺体を運んだとみられる。

 県警と海保は供述に基づき、付近の海域をこれまで10回以上、潜水して捜索したが、遺体は見つかっていない。だが、大介容疑者の供述の具体性や遺棄に使ったとみられる証拠類から容疑が固まったと判断した。知人らによると生治さんは不動産業の前は豊橋市特産のオオバの農場を経営していたが、十数年前に大介容疑者に引き継いだ。知人の1人は「携帯電話に電話したり、メールを送ったりしたが、全く反応はなかった。温和な人で、トラブルに巻き込まれるようなことは想像できない」と話していた。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索