トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

原因は工事で代用鋼材使用 12月の東海道線運休

 JR東海は9日、東海道線で昨年12月12日に電車のパンタグラフが破損した影響で上下182本が運休した問題について、幸田駅(愛知県幸田町)の工事で不適切な鋼材を使ったのが原因だと発表した。

 JRによると、架線類の付け替え工事をしていた関連会社が昨年12月11日未明、準備した鋼材の大きさが合わないことに気づき、別の鋼材を使用。代用品はボルト穴が本来より大きく、電車通過の振動などで力が加わってボルトが破断したとみられる。

 そのため、代用鋼材が架線から垂れ下がり、通過した電車のパンタグラフを破損。さらに変形したパンタグラフが、名古屋―枇杷島間の3キロにわたって架線をつる別の金具を壊し、大規模運休につながったという。

 JR東海は当初、ボルト破断の主な原因は当日の低温だと説明していた。井田学・建設工事部担当部長は「利用者に大変ご迷惑をおかけした」と陳謝した。

 (中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索