トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

10月にも福岡にタイ総領事館 副首相表明、大阪に次ぎ2カ所目

 来日中のタイのソムキット副首相は9日、福岡市内で記者会見し、総領事館を10月1日を目標に同市中心部に開設する方針を正式表明した。大阪市に次ぎ2カ所目で、九州・沖縄と中国地方の計13県を管轄する。

 総領事館設置でタイを訪れるビジネスマンが長期滞在できるビザを迅速に受けられるなどのメリットがあり、福岡県が設置を働き掛けていた。タイ側も先端技術を持つ九州の中小企業の進出を期待しているという。

 ソムキット氏は「九州は貿易や観光などの分野で実力がある。タイとの結び付きをしっかりサポートしたい」と語った。

(共同)

 福岡市への総領事館設置について説明するタイのソムキット副首相=9日午後、福岡市

 福岡市への総領事館設置について説明するタイのソムキット副首相=9日午後、福岡市

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索