トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

レゴランド水族館で「水入れ式」 4月15日オープン

 名古屋市港区の屋外型テーマパーク「レゴランド・ジャパン」に隣接し、4月15日に開業予定の水族館「シーライフ名古屋」の内部が8日、報道陣に公開された。運営会社のトーベン・イェンセン社長らが水槽に水を入れる記念式典もあった。

 水族館は、ヒトデなどの水生生物に触れられるコーナーや、木曽川をイメージした淡水の水槽など11の区画を備え、レゴの装飾を随所に施す。式典では、イェンセン社長が「見て、触って、学べるシーライフをよろしくお願いします」とあいさつ。エイやサメが泳ぐ予定の水槽に、子どもたちと一緒にバケツで水を注いだ。

 入場料は、13歳以上の「大人」が1900円、3〜12歳の「子ども」が1500円。2月末までは大人1200円、子ども900円で購入できる。遊園地とのセット料金もある。

(中日新聞)

小学生たちと一緒に水槽に水を注ぐレゴランド運営会社のトーベン・イェンセン社長(中)=8日午前、名古屋市港区で

小学生たちと一緒に水槽に水を注ぐレゴランド運営会社のトーベン・イェンセン社長(中)=8日午前、名古屋市港区で

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索