トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

胸に刺し傷、夫は失血死 長野火災、別遺体は比国籍の男性

 長野市風間の自動車整備業、北村昇一さん(57)方が全焼し、2人の遺体が見つかった火災で、長野県警は6日、遺体の1人は北村さんで、もう1人は山梨県北杜市、フィリピン国籍のパスクア・ジュリアス・アンジェロ・ゴメスさん(40)と判明したと発表した。北村さんは失血死で、胸辺りに複数の刺し傷があった。県警はパスクアさんが北村さんを刺した後、火を付けた可能性もあるとみて、殺人と現住建造物等放火の疑いで調べている。

 県警によると、やけどで重体だった北村さんの妻でフィリピン国籍のキタムラ・フローラ・カボルナイさん(41)も6日未明に死亡した。フローラさんは昨年12月、知人のパスクアさんからストーカー被害に遭っていると県警に相談していた。パスクアさんは焼死だった。

 フローラさんは付近の住民が119番する6分前に「トラブルがあり(警察官に)来てほしい」と110番していた。その直後には北村さんの母(85)からも同様の110番があった。

 火災は4日午前10時10分ごろに発生。北村さんはフローラさん、母親と3人暮らしで、母はやけどや煙を吸うなどして軽傷。フローラさんと母親にも、刃物による切り傷があった。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索