トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

部品散乱、主回転翼が分離か 陸自ヘリ、整備不良の可能性も

 佐賀県神埼市の住宅に陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプターが墜落した事故で、機体の部品が広範囲に散乱していることが6日分かった。メインローター(主回転翼)が上空でばらばらになったとみられる。飛行前に4枚の羽根をつなぐ部品のメインローターヘッドを初めて交換しており、陸自は整備不良が原因となった可能性もあるとみて点検の経緯を詳しく調べる。機体下の遺体は機長の操縦士斉藤謙一2等陸佐(43)と確認され、死亡者は2人となった。

 墜落現場から東に数百メートル離れた農地の10カ所以上で部品が見つかり、陸自が回収を進めている。

(共同)

 陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリの機体の後部とみられる残骸(左)が残る墜落現場を調べる関係者ら。シートで覆われた場所で斉藤謙一2等陸佐とみられる遺体が見つかった=6日午後2時6分、佐賀県神埼市(共同通信社ヘリから)

 陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリの機体の後部とみられる残骸(左)が残る墜落現場を調べる関係者ら。シートで覆われた場所で斉藤謙一2等陸佐とみられる遺体が見つかった=6日午後2時6分、佐賀県神埼市(共同通信社ヘリから)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索