トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

中央分離帯に衝突、2人死亡 亀山の名阪国道

 4日午前9時50分ごろ、三重県亀山市関町越川の名阪国道上り線で、軽乗用車が中央分離帯に衝突した。運転していた大阪市東住吉区の会社員江端勇貴さん(23)と同乗の大阪市平野区喜連、会社員中津志菜さん(23)が病院に運ばれたが、全身を強く打ち、間もなく死亡した。

 県警によると、現場は片側2車線で、トンネルを抜けた直後の左カーブ。下り坂になっており、スピードを出しすぎて、カーブを曲がりきれなかった可能性があるとみて、詳しい事故原因を調べている。

 2人は会社の同僚で、仕事のため大阪から名古屋に向かう途中だった。軽乗用車は追い越し車線を走行していた。事故を目撃した女性が110番した。

(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索