トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

豊川の夫殺害、容疑者を送検 

 愛知県豊川市の自宅で1996年に夫を殺害したとして、妻で無職小池浅江容疑者(78)が逮捕された事件で、県警は2日、殺人容疑で小池容疑者を送検した。

 捜査1課や豊川署のこれまでの調べでは、96年3月20日ごろ、夫の尭さん=当時(59)=の頭部を包丁で十数回刺すなどして殺害したとされる。捜査関係者によると、遺体を袋のようなものに入れて密閉した上で、衣装ケースに詰め、和室の押し入れに隠し続けていた。

 昨年1月、自ら豊川署に「家の中に夫の遺体がある」と通報し、白骨化した遺体が見つかった。「夫に不満があった」などと供述している。2日午前、県警の尾張留置施設がある春日井署から、身柄を名古屋地検に送られた。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索