トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

リムジンで「白タク」疑い 愛知県警、社長ら4人逮捕

 レンタカー事業を装い高級外車のリムジンで白タク営業をしたとして、愛知県警は1日、道路運送法違反の疑いで、レンタカー会社「クルーズプランニング」(名古屋市中区錦)社長で、同県春日井市神領町、酒井友博容疑者(42)や社員ら男女4人を逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は昨年10〜12月、国土交通相の許可を受けずに、4回にわたって、同社で所有するリムジンに客を乗せ、タクシー事業を営んだとされる。酒井容疑者らは「白タク営業はしていない」と容疑を否認している。

 県警によると、酒井容疑者はクルーズプランニングのほかに、人材派遣会社を経営。リムジン内で、イベントやパーティーを開くプランを用意し、主にインターネットで客を募っていた。リムジンの運転手として、自身の派遣会社から社員を派遣していた。

 料金はレンタカー代として1時間約3万円を事前に振り込ませる一方、運転手代は1時間9000円で現地で直接運転手に払わせていた。県警は酒井容疑者らが2015年11月ごろから白タク営業を続けており、昨年の売り上げは約2000万円に上ったとみている。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索