トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

3年ぶりに皆既月食、次回は7月 1時間17分間

 31日夜、地球の影に満月がすっぽりと隠れる「皆既月食」が3年ぶりに日本で起きた。低気圧の影響で全国的にいまひとつの天気となったが、北海道根室市や東京など太平洋側を中心とした各地で「赤銅色」に染まる姿が観察できた。次に日本で見るチャンスは半年後の7月28日に訪れる。

 月食は太陽と地球、月が一直線に並んで起き、とりわけ暗い影の中に月が全て隠れると皆既食と呼ばれる状態になる。地球の大気の影響で太陽の光が屈折したり散乱したりして内側に回り込み、隠れている間も赤い光が月をかすかに照らす。

 皆既食は同9時51分から同11時8分までの1時間17分間。

(共同)

 北海道根室市で観察された皆既月食=31日午後9時51分

 北海道根室市で観察された皆既月食=31日午後9時51分

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索