トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

長官批判、気をもむ国税 確定申告スタート控え

 確定申告のスタートを2月16日に控え、国税関係者が佐川宣寿国税庁長官(60)に対する世論の反感に気をもんでいる。森友学園問題で財務省担当局長として「資料は破棄し、面会記録はない」と国会で答弁。今も批判が弱まる兆しはなく、国税職員からは「長官に不満があっても納税は避けられないが、申告をお願いする立場としては気が重い」との声が漏れる。

 佐川氏が注目されたのは、大阪府豊中市の国有地が約8億円値引きされて森友学園に売却された問題について、政府が厳しい追及を受けた昨年の通常国会での答弁が発端だった。

(共同)

 2017年3月、参院予算委で答弁する財務省の佐川宣寿理財局長

 2017年3月、参院予算委で答弁する財務省の佐川宣寿理財局長

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索