トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

仮想通貨入手目的でウイルス作成容疑 愛知県警、大阪の高3逮捕

 他人の仮想通貨を不正入手するコンピューターウイルスを作り感染させたとして、愛知県警は30日、不正指令電磁的記録作成・供用の疑いで、大阪府貝塚市の高校3年の男子生徒(17)を逮捕した。今回は仮想通貨「モナコイン」が標的となったが、ウイルスを応用すれば、世界で最も多く取引される「ビットコイン」にも適用できる仕組みだった。

 県警によると、男子生徒は「起きたことは事実だが、意図してやっていない」と容疑を一部否認している。

 逮捕容疑では、昨年10月10日ごろ、インターネット上でモナコインを管理する「ウォレット」と呼ばれる口座から、送金に必要なファイルを不正に入手できるウイルスを自宅で作成。モナコインの相場が分かる自作のソフトにウイルスをしのばせ、モナコインの利用者同士が情報交換する掲示板にダウンロード用URLを投稿したとされる。

 県警によると、このソフトをダウンロードした東京都江戸川区の会社員男性(31)の所有するほぼ全額の170モナコイン(1万4800円相当)が盗まれ、電子計算機使用詐欺容疑の可能性も調べる。男子生徒は入手したモナコインを「パソコン部品の購入に使った」と供述している。

 昨年10月中旬、ウイルスではないかと指摘する書き込みがあった掲示板を見た名古屋市北区の男性から、北署に相談があり、県警がソフトの解析などをした。

 モナコインは日本生まれの仮想通貨で2013年末に公開。通販サイトでの買い物やゲームなどに使われている。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索