トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

国際

サウジ、汚職解決金12兆円 皇太子が政治的勝利

 【カイロ共同】サウジアラビアの汚職対策委員会は30日、汚職で摘発した王子や閣僚らが381人に上り、容疑を認めた王子らが支払いに合意した解決金の総額は4千億サウジ・リヤル(約12兆円)を上回ると発表した。大多数は既に釈放したが、56人を拘束中で捜査を続けている。

 汚職摘発を主導したムハンマド・ビン・サルマン皇太子(32)は、アブドラ前国王の息子ムトイブ前国家警備相ら有力者にも汚職容疑と解決金支払いを認めさせたもようで、若き皇太子の政治的勝利が強く印象づけられた。

 サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子(ゲッティ=共同)

 サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子(ゲッティ=共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索