トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

チューハイ製造設備を新設 キリンビール名古屋工場

 キリンビールは29日、需要が拡大する缶酎ハイを名古屋工場(愛知県清須市)で生産すると発表した。名古屋工場でビール類以外を造るのは初めてで、2019年5月の本格稼働を目指す。生産能力は年間10万キロリットルと、同社の缶酎ハイの製造拠点としては最大規模となる。

 投資費用は約50億円で製造設備を今春に着工する。稼働後は主力商品の「氷結」や「本搾り」を造り、東海や北陸地方を中心に出荷する。カメラやITを活用し、設備の稼働状況やトラブル履歴の情報を効率的に収集することで、少人数での生産を可能にする。

 キリンによると、12年以降の酒類の市場は横ばい傾向が続くが、酎ハイ類の売り上げは毎年1割ずつ伸びている。飲みやすさのほか、さまざまな味を楽しめ、安いことも人気の理由という。東海や北陸でも販売量が伸びているため、キリンは名古屋工場を全国6カ所目の缶酎ハイの製造拠点にすると決めた。

 同日に名古屋市内で開いた経営戦略説明会で、石島寿也工場長は「需要が増加し続ければ製造能力が不足する可能性がある。日本の真ん中から供給できる態勢を整えたい」と話した。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索