トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

航空機トイレに金塊隠す 愛知県警、密輸疑いで6人逮捕

 中部国際空港(愛知県常滑市)に到着する国際線の旅客機のトイレ内に金塊5キロ(約2280万円相当)を隠して密輸しようとしたとして、愛知県警は29日、関税法違反(無許可輸入未遂)などの疑いでスリランカ人や日本人の男女ら計6人を逮捕した。旅客機が到着して国内線に切り替わった後、回収しようとした疑いがあるという。

 逮捕はスリランカ国籍で愛知県安城市今池町1、中古車販売会社長ムハメッド・ラフイーク・ムハメッド・リザニ容疑者(48)ら同国籍やマレーシア国籍の男4人と、名古屋市港区千鳥1、同社監査役細谷清之容疑者(73)、同県美浜町河和、無職広沢三恵容疑者(74)。

 逮捕容疑では6人は共謀し昨年7月23日、シンガポールで買い付けた金塊5キロを台北経由で密輸し、消費税182万円を免れようとしたとされる。逮捕されたスリランカ人の運び屋の男(32)が、台北から中部空港に向かう機内でトイレの背面パネルの裏側に金塊を隠し、そのまま入国。同機が、その後のフライトで国内線に切り替わり、羽田空港へと向かうことを事前に把握した上で、別の運び屋が搭乗、出発後に金塊を回収する計画だったとみられる。

 国際線と異なり、到着後の税関検査がない国内線の出口を使おうとしたらしい。金塊は、中部空港に到着後に税関が発見した。

 ムハメッド・ラフイーク容疑者が指示役で細谷、広沢両容疑者は換金役だったとされる。県警はグループが金塊の密輸を繰り返していたとみて調べている。

 昨年7月には、台湾から関西国際空港に到着した旅客機のトイレから金塊が見つかる事件も起きている。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索