トップ > スポーツ > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

スポーツ

初マラソンの松田瑞生が優勝 大阪国際女子マラソン

 2020年東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(GC)」の出場権が懸かる大阪国際女子マラソンは28日、大阪市のヤンマースタジアム長居発着で行われ、22歳でマラソン初挑戦の松田瑞生(ダイハツ)が2時間22分44秒で初優勝し、GC出場権を獲得した。

 松田は31キロ手前で前田穂南(天満屋)をとらえてトップに立ち、2位に1分以上の差をつけてゴールした。

 昨夏の北海道マラソンを制してGC出場権を持つ前田が2位、安藤友香(スズキ浜松AC)も2時間28分を切るタイムで3位に入ってGC出場の条件を満たした。

(共同)

 2時間22分44秒で初優勝した松田瑞生=ヤンマースタジアム長居

 2時間22分44秒で初優勝した松田瑞生=ヤンマースタジアム長居

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索