トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

国際

米カジノ王、与党要職辞任 セクハラ報道受け

 【ロサンゼルス共同】米ラスベガスの「カジノ王」として知られる大手ウィン・リゾーツ創設者のスティーブ・ウィン氏(76)が27日、自らのセクハラ報道を受け、与党共和党の全国委員会の財務委員長を辞任した。米メディアが報じた。

 ウィン氏は同党に巨額の寄付を行ってきた有力支持者で、元カジノ経営者のトランプ大統領ともつながりが強い。財務委員長は政治資金調達などを担う要職で、ウィン氏はトランプ氏に指名されて就任した。

 セクハラ問題は、米紙ウォールストリート・ジャーナルが26日、複数の証言を基に伝え、各メディアも一斉に報道した。

 セクハラ報道を受け、米与党共和党の全国委員会財務委員長を辞任した「カジノ王」スティーブ・ウィン氏(AP=共同)

 セクハラ報道を受け、米与党共和党の全国委員会財務委員長を辞任した「カジノ王」スティーブ・ウィン氏(AP=共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索